神明リフラックス(株)は原料の受諾加工を行います
English Page
〒509-5122 岐阜県土岐市土岐津町土岐口1372番地の1
TEL:0572-55-1373 FAX:0572-55-0906


蛍光X線分析装置(XRF)
材料に含まれる元素の種類と量を分析(定性・定量分析)する装置です。

ガラスビード調整装置
ガラスビードを自動成形する高周波誘導炉で、蛍光X線分析の前処理に使用します。結晶性、マトリックス効果の影響を低減することができ、正確度の高い定量分析ができます。

加圧成形機
粉末試料をペレット状に加圧成形する装置で、蛍光X線分析の前処理に使用します。試料密度が高いので、X線強度を強くとることができ、定性分析において多くの元素を検出できます。

振動ディスクミル
リングとディスクを内蔵した容器を遊星運動させ、圧倒的な衝撃・圧縮により、試料を短時間で微粉砕します。分解・洗浄・組立てが容易で汚染無く微粉砕でき、材料分析の前処理に使用します。

X線回折装置(XRD)
粉末回折法により、材料の組成分析、結晶構造解析などを行う装置です。試料加熱装置を使用し、常温から1500℃の温度範囲で加熱測定が可能で、温度による結晶構造相転移の解析ができます。

蒸着装置
SEMの観察・分析時に非導電性材料に導電性を与える装置です。


篩約40種類(19.1mm〜20μm)
原料や製品として取り扱う粒子状及び紛体状の固体物質のふるい分け試験に使用します。
ロータップ篩振等盪器(1号,2号)
本体に7個の篩を取り付け、水平円楕円運動と上部ハンマーの連打により、能率的に篩分け粒度分別を行うことが出来ます。

粒度分布測定装置(0.021,400μm)
レーザ回折・散乱法により、粉体粒子の大きさの分布を測定する装置です。

超音波ホモジナイザー 
超音波により分散・乳化などを行う装置で、粒度分布測定の前処理に使用します。


万能試験機
試験片の物性値(曲げ、圧縮強度等)を測定する装置で、100tまでの圧縮強さ試験に使用します。
アムスラー型万能試験機
試験片の物性値(引張、曲げ、圧縮強度等)を測定する装置で、20tまでの曲げ・圧縮強さ試験に使用します。
オートグラフAGS-2000D
試験片の物性値(引張、引裂、曲げ、圧縮強度等)をマイコン制御により自動的に測定する装置で、2tまでの曲げ・圧縮強さ試験に使用します。
ミハエリス抗折試験機
試験片の曲げ強さを測定する試験機です。


高温炉(1号〜2号)

1500℃以上の温度で粉体や無機材料を焼成できる箱形電気炉です。


電気炉(1号〜4号)

1500℃未満の焼成は通常の箱形電気炉を使用します。


養生室(20℃,80%)
室内を恒温・恒湿の状態に保ち、不定形耐火物の混練・養生等を行うための部屋です。原料・製品の保存試験等にも使用されます。

養生器(1号〜3号)
温度試験、湿度試験に用い、温度水準を変え養生ができます。

乾燥器(1号〜3号)
乾燥温度に保つことのできる電気恒温器で、試験片の乾燥や、紛体の含水率の試験に使用されます。


電子天秤(4台)
0.1g単位の試料、試薬などを計る天秤です。

電子分析天秤(2台)
1mg単位の微少量を正確に測定できる分析用天秤です。


赤外線水分計(2台)

赤外線を試料に照射し、加熱乾燥させ、水分の蒸発による質量変化を厳密に計測し、含水率を迅速に求める装置です。


カントーミキサー
養生室内に設置され、規定回転数、規定時間不定形耐火物を混練します。

卓上ミキサー
養生室内に設置され、少量の不定形耐火物を混練します。

真空ミキサー
 
養生室内に設置され、脱泡しながら不定形耐火物を混練します。


フローテスター
養生室内に設置され、テーブル、コーン、突き棒で、混練物の流動性を試験する装置です。

成形型
試験片を成形する金型で、混練物を鋳込み突き棒を用いて突いているところです。

耐磨耗試験装置
粉末SICを圧縮空気にて吹付け、試験片の摩耗量を計測する装置です。

粉吹付け試験装置
乾燥混合材料をノズル内で水と混合し、圧縮空気にて吹付ける試験装置です。乾式吹付けは、湿式に比較し長距離圧送が可能で、設備が簡略化でき経済的です。プレミックスで水を適量添加することで粉じんをある程度防止できます。

粉末カサ比重測定器
カサ比重試験方法の測定器です。

二分器
代表試料を得る為の器具で、試料を2分割に縮分します。試料の粒度に対応したサイズを選定します。

熱伝導率測定装置
成形体の熱伝導率を測定する装置で、1400℃までの測定が可能です。